格安SIMとスマホ比較」の過去ログです。古くなった格安SIMと格安スマホの記事を保管しています。

2017年4月12日 格安SIM25枚とWiMAX 2+、悪質な評価サイトに関して

2017年4月12日(平日水曜日)の格安SIMとWiMAX 2+の通信品質ランキング

超速い 1位 UQ mobile
2位 BIGLOBE WiMAX 2+ワイモバイル
3位 なし
4位 IIJmioのタイプA(暫定順位)、LINEモバイル(暫定順位)
比較的速い 5位 なし
6位 NifMomineoのauプラン、mineoのドコモプラン、DMMモバイルエキサイトモバイル、IIJmioのタイプD、イオンモバイルのタイプ1
普通 7位 イオンモバイルのタイプ2、Umobile、DTI SIM
少し遅い 8位 BIGLOBE SIM、FREETEL
遅い 9位 楽天モバイルの新新APN、OCNモバイルONE、nuroモバイル、ロケットモバイル、おかわりSIM
論外 10位 楽天モバイルの新APN、TONEモバイル(高速)、TONEモバイル(通常)
クズ 0SIM

 

上記が2017年4月12日の画像の読込速度、アプリのダウンロード速度、ファイルのダウンロード速度、動画の再生時の通信速度など、実際に出る通信速度を総合的に評価した格安SIMとWiMAX 2+の通信品質ランキングです。

格安SIMの通信速度の計測の仕方と注意点
※ 低速モードの評価はこちら → 低速モードが使える格安SIMの詳細と使い道

前回からの順位変動

イオンモバイルのタイプ2の通信速度が激減したので、2ランクダウンの7位。ひどい状態なので8位にしたいところですが、とりあえず7位で保留にします。

ロケットモバイルの速度が悪化し、特にファイルのダウンロード速度がかなり悪いため2ランクダウンの9位。

OCNモバイルONEのファイルのダウンロード速度の制限が異常に厳しいので1ランクダウンの9位。おかわりSIMも全般的に速度が遅くなったので1ランクダウンの9位。

楽天モバイル(新)はもはやこれまでのような速度にまで堕ちたので、1ランクダウンの10位。TONEモバイル(高速)も全然速度が出ないので、1ランクダウンの10位堕ち。

その他の格安SIMは、前回と同程度か誤差レベルなので、順位は変わりません。

格安SIMや格安スマホのニュース

FREETELが炎上しました

FREETELのスマートコミコミ+というプランが、端末代の定価を密かに2倍以上に設定して、実質的な3年縛りを行なっていたことから、反感を食らって炎上しました。

FREETELが別にどんなプランを提供しようが、ユーザがそれを選ぶのであれば自由ですが、このプランは非常に狡猾で、ほとんどのユーザがリスク(FREETELの永遠縛り)を認識できなくなっています。

このサイトでも以前からスマートコミコミの記事は掲載していましたが、そもそもお得度がないプランなのでFREETELを契約するならバラバラに申し込むことをすすめていましたが、端末代が定価の2倍以上になっていることは見落としていました。情報提供により、FREETELの公式サイトを精査したところ、それでも理解できませんでした。

結局FREETELのチャットで確認したら、定価の2倍以上になっていることがようやくわかった次第です。急遽最優先で該当記事を修正しました。

今では、スマートコミコミで調べれば、複数のサイトで危険性を警告しているので、少しでもスマートコミコミを調べれば回避できます。何も調べずにFREETELショップで鵜呑みにしてしまった場合は・・・です。

ちなみに、このスマートコミコミ+ですが、全ての端末が割高というわけではありません。よくよく計算してみると、Priori4をセットにした場合にだけ、結構お得に契約することができるんです。

さて、肝心のPriro4ですが、スマートコミコミ+が始まった時から、おそらく在庫切れになっています。4月末入荷予定だそうです・・。いや、ほんと小狡いです!

うちのサイトがパクられました

情報提供により、うちのサイトがパクられたことが判明して、パクリの大半を削除されました。パクリ自体悪質なのですが、訪問者にとって害のある内容に書き換えられていました。

パクリサイトの楽天モバイルの記事を見たところ、楽天の実際に出る通信速度の説明は全面的に削除されていて、どっかのツイートから楽天モバイルの通信速度のツイートを引用して「ライトユーザーからヘビーユーザーまで安定した通信速度で使用できますね」とかほざいていました。

なんでパクっといて、楽天モバイルの通信速度なんて褒めてんだよ!みたいな気分でした。そこは、通信速度には目を潰して、割引価格でスマホが買えるところですくらいにしろよです。

評判は作れる、いつの間にか悪質な評価サイトが跋扈(ばっこ)・・

そこから少し気になって、他のサイトは楽天モバイルのことを何て言っているのか調べて見ました。皆さんもちょっくら検索上位から順に、楽天モバイルの通信速度に関してどんなことを書いているか見て見ましょう。

Yahooでの「楽天モバイル」の検測結果

かなり表現が悪くなりますが・・・

①クソの役にしか立たないSpeedtest by Ooklaの速度結果を写真付きで掲載して、十分な速度が出ますとほざくクソサイトが一つ

②機種や利用者の増加や場所のせいにして、楽天モバイルの実際に出る通信速度を言及するのを避ける逃げ腰サイトが一つ(1年前の記事なので、この人は悪くはなさそう)

③わざわざピーク時を外して速度計測を行って、楽天モバイルでも十分速いとほざくクソサイトが一つ

④評判では速度が速いそうですよとほざくクソサイトが一つ

⑤楽天モバイルのデメリットは、IIJmioと比べて通話定額オプションの柔軟性に欠けるくらいしかないような評価を行なっているゴミサイトが一つ

⑥速度重視なら楽天モバイル以外がオススメという、速度をそんなに重視しなければあたかも普通に使えるような印象を与えて、楽天モバイルの速度なんて見なかったことにしたいサイトが一つ

まぁ、⑥の人の気持ちはわかります。。最低限のモラルを守っている感じはします。

何が言いたいかというと、評判は作れるということです。

十分な速度が出ますよ、1年前は場合によっては遅いですよ、十分速いですよ、評判では速度が速いそうですよ、速度のデメリットなんてないですよ、速度重視しなければ大丈夫ですよみたいなサイトが検索上位を占めています。

それと比較して、うちのサイトの評価はというと、

格安SIMとWiMAX 2+の実際に出る通信速度の記録 ← 最新情報
楽天モバイルの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細 ← 情報が少し古い

最新情報を掲載したのち、最終的に楽天モバイルの評価に反映させる流れになっています。言い訳くさいですが、マンパワー不足のため、楽天モバイルの評価記事まで、あまり辿り着けていないのが現状です・・。ただ、それでも、ある程度読んでくれれば、より正確な情報にたどり着ける構造にはなっているかと・・、それでどうにか・・。

結論は、うちのサイトでは、楽天モバイルは速度を犠牲にして、超安く格安スマホを買うところ、もしくは楽天市場でお得に買い物をするために存在しているという評価になっています。

ただし、うちのサイト以外の検索上位のサイトを見れば、どうやら楽天モバイルは十分速い速度で使えるようだと思うと思います・・。なんたって、あっちの方が多数派の意見のように見えますし。。

ネット検索の多数決により、晴れてうちのサイトが信頼できないサイトに格上げーーー。(泣

うちのサイトにも悪いところがあるんです。最終更新日が新しければ新しいほど、情報の精度はかなり高いのですが、最終更新日が結構古いやつがゾロゾロいるんです。古いやつほどヤバイ情報なんですが、マンパワーが枯渇して・・。

泣き言を言っても仕方ないので、現在、サイトの方針を根本的に変更する準備を行なっています。4月末前後に導入して、悪いところが自然に潰れていくようにして、嘘サイトに騙されないサイトになるように方針転換するつもりです。

勝率は良くて6割、悪くて3割くらいだと思います。(結構かなり難しく、無駄骨に終わるかもです)

Twitterの運用云々

Twitter:格安SIMの管理人を始めて半年、フォロワー数も1600人を超えることができました。リツイートやいいねがもらえると励みになります(無理してリツイートやいいねはしなくても大丈夫です!)

リツイートやいいねの多いツイートを見ながら、その関連情報の更新を少し重視する感じにしています。

2016年10月07日 Twitter開始
2016年10月21日 フォロワー 127/5000
2016年11月19日 フォロワー 399/5000
2016年12月16日 フォロワー 618/5000
2017年01月14日 フォロワー 829/5000
2017年02月17日 フォロワー1123/5000
2017年03月17日 フォロワー1369/5000
2017年04月15日 フォロワー1665/5000

目標 2017年12月31日 フォロワー5000

目標の達成は無理っぽいですが、地道に活動しています。フォローしてくれるとうれしいです。(5000人集まれば、MVNOに対して結構な発言力になるのではということで、目標にしています)

2017年4月12日の通信速度の総括

下記の表の中の数字は通信速度(ダウンロード速度)です。単位は全てMbpsです。

アプリ/ファイルと記載されているところで、例えば0.4/0.25と記載されている場合は、アプリのダウンロード速度が0.4Mbpsで、ファイルのダウンロード速度が0.25Mbpsです。

アプリ/ファイルが11と記載されている場合は、アプリのダウンロード速度が11Mbpsになります。ファイルのダウンロード速度の計測は一部しか行っていませんが、基本的にはアプリのダウンロード速度と近似しますが、最近は近似しない格安SIMが増えてきています。

通信速度の見方や計測方法の詳細は、格安SIMの通信速度の計測の仕方と注意点を参考にしてみてください。

楽天モバイル(新新&新)

楽天モバイルは計測アプリ(Speedtest等)の結果は超速いですが、実際に出る通信速度は格段に遅くなっているので注意してください。

楽天モバイル(新/rmobile.jp)
これから楽天モバイルを契約する場合、基本的に楽天モバイル(新)が適用されます。

楽天モバイル(新) 計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 11.89 0.4 0.3/0.4 0.7
12時 7.26 0.12 0.15/0.12 0.6
14時 19.54   –/8  
19時 16.59 0.4 0.5/0.3 0.4
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
8時 0.5   0.5  
15時 1.5 10 0.8  
21時 0.5 10 0.4  

もはや、これまで・・、みたいな通信速度しか出ませんでした。通信速度は格安SIMの中でも最悪クラスです。ここ数ヶ月、なぜかYoutubeだけは超快適でしたが、それさえも大幅に低下しました。

今まで、このサイトでは平日の昼はWiFiが必須、並びに自宅にWiFiがない場合は選ばない方が良いという評価をしていましたが、もはや、ここまでくると通信速度以前の問題になっています。

楽天モバイル(新新/rmobile.co) このAPNはバックアップ的に使われています。ユーザが急増した場合、速度低下を緩和するために、楽天モバイル(新新)が割り当てられる場合があるようです。

楽天モバイル(新新) 計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 5.61 1.5 0.5/0.7 1.5
12時 6.46 0.25 0.3/0.15 0.7
14時 24.54   –/13  
19時 6.03 3 1.5/2 4
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
8時 0.5   0.5  
15時 13 14 15  
21時 1 4 0.4  

楽天モバイル(新新)は前回と比べて、少し良くなっていました。ただし、それでも平日の昼は他の格安SIMと比べても速度が悪いです。

楽天モバイル(新)の実際に出る通信速度の悪さが際立っています。通信速度を重視する場合とか、そういう問題ではなく、WiFi以外ではスマホをほとんど使わない場合、もしくはDSDS対応の格安スマホを購入して、音声通話は楽天モバイル、データ通信は他のMVNOを使うなら大丈夫ですが、それ以外の場合は後悔することになります。

Huluだけは快適に見れますが、他の動画サービスは快適には見れません。

楽天モバイル(新新)はそこそこの速度が出ますが、大多数の楽天モバイルユーザは楽天モバイル(新)を使っています。楽天モバイルの通信品質は相当ひどい状態になっています。加えて、通信障害を出してデータ通信ができなくなる可能性が最も高い格安SIMです。

たまたま今回だけというわけではなく割と頻繁に最悪になります。

楽天モバイルは割安に格安スマホを購入したり、楽天市場でお得に買い物をしたり、ポイントを利用したりする格安SIMですが、通信速度を犠牲にする必要があります。楽天モバイルを選ぶ場合は、通信速度を犠牲にできるかどうかよく考えて検討することを強くオススメします。

楽天モバイルの評価とネットの評判の詳細

UQ mobile

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 65.04 16 60/30 12
12時 63.04 20 50/30 20
14時 72.52   –/55  
19時 65.18 20 30/55 8
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 30 14 30  

UQ mobileのデータ高速プラン、音声通話プラン、おしゃべりプランとぴったりプランの通信速度になります。相変わらず超速い速度を維持しています。

いつでも、どんな利用用途でも超速いので格安SIMの中でも安心してすすめることができます。通信速度を重視する場合は、UQ mobileを最優先に検討してみてください。

月3GBで足りる場合や、500kbpsを実質無制限で使いたい場合
長期契約中のUQ mobileの詳細評価

5分かけ放題や月60分〜180分の無料の通話時間をうまく使えそうな場合
UQ mobileのおしゃべりプランとぴったりプランの詳細まとめ

その他
UQ mobileで買える/使えるオススメの格安スマホ(+iPhone SE)の詳細

このあたりを参考にしてみてください。

UQ mobileの無制限プランについて

UQ mobileの無制限プランは、どんな利用用途でも通信速度が0.5Mbpsに一定します。長い間、変動が起きていないので、チェックする意味はあるのかと思うくらい0.5Mbpsで安定しています。不定期に確認していて、変動が起きた場合に、精査します。

この無制限プランは動画をたくさん見るためのプランです。3日間で6GBまで使えるので、月最大60GB使えます。

Netflixなら500kbpsでもほとんど止まらずに見ることができて、毎日9時間見続けることができます。Youtubeの普通画質(360p)だと10秒ほど読込をさせたあげた後に動画を再生するとスムーズに視聴できる感じになります。AbemaTVではほとんど止まらずに再生することができます。

公式サイトよりも詳しい無制限プランの詳細 → 長期契約中のUQ mobileの詳細評価

NifMo

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 4.59 1.8 12/0.25 2.5
12時 0.73 0.6 2.5/0.18 0.8
14時 16.17   –/20  
19時 3.08 4 20/0.7 2
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 8 1 1.2  

NifMoは前回と同じ若干よくなっていて、比較的快適な速度を維持しています。

ただし、前回に引き続きアプリのダウンロード速度が異常に速く、その反面ファイルのダウンロード速度が結構遅くなっています。

全般的に優秀ではありますが、ファイルのダウンロード速度の制限の影響範囲が読めないリスクが少しあります。ただ、その他動画の再生ではそこそこの通信速度が出ていたので、ファイルのダウンロード速度の制限範囲はそんなに広くはなさそうです。

長期契約中のNifMoの詳細評価

OCN モバイル ONE

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 2.16 1.8 8/0.35 3
12時 0.91 0.7 3/0.08 1.5
14時 12.83   –/2.5  
19時 1.35 1 13/0.22 2
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 1.8 0.25 0.25  

OCNモバイルONEは前回よりも速度が低下しました。アプリのダウンロード速度は前回に引き続き超速いですが、ファイルのダウンロード速度は前回よりもさらに厳しく制限されています。

NifMoの場合、ファイルのダウンロード速度が制限されても、HuluやNetflixはそこそこ普通に見れる程度の速度は出ているのですが、OCNモバイルONEだとHuluやNetflixも0.25Mbpsしか出ませんでした。

OCNモバイルONEのファイルのダウンロード速度の制限は、かなり広範なものになっている可能性が高いので注意が必要です。

月額料金も少し高めなので、OCNモバイルONEをわざわざ選ぶ必要はない格安SIMです。実測230kbpsの低速モードを無制限で使える強みがありますが、OCNモバイルONEはパケロスを多発するので使い勝手はあまり良くないと思われます。

参考
200kbpsの低速モードが使える格安SIMとradikoへの対応状況
格安SIMとWiMAX2+のPING値とパケットロスの詳細と計測結果

OCNモバイルONEの唯一の強みは10分かけ放題が月額850円で使えることですが、NifMoでもOCNモバイルONEと同様の10分かけ放題が6月から導入されます。今までの実績を見ると、長期的にもNifMoの方が通信速度が速く、月額料金も安いので、10分かけ放題を検討する場合は、基本的にはNifMoを選んだ方が良いです。

長期契約中のOCNモバイルONEの詳細評価

IIJmio

IIJmio タイプD 計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 2.68 1.8 1.5/1.5 1.7
12時 0.88 0.4 0.4/0.4 0.5
14時 16.14   –/12  
19時 1.69 1.5 1.4/1.5 1.5
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 1.5 1.5 1.5  

IIJmioのタイプDは前回と同様に、引き続き比較的速い速度を維持していました。

IIJmioは長期的に通信速度が安定(たまーに変動)しているので、UQ mobileに加えて安心してすすめられる格安SIMの一つです。

多少速度がブレますが、IIJmioとIIJmio系は平日の朝と夜は1.5Mbpsに固定されています。平日の昼は0.4Mbpsです。人がスマホをあまり使っていない時間帯は15Mbps〜25Mbpsくらいになります。

Youtubeだけ2倍くらいの通信速度が出たりすることもありますが、基本的には全ての利用用途で上記の速度が適用されます。

IIJmioは長期的にも安心してすすめられるですが、IIJmioを検討する場合で5分かけ放題が必要ないなら、IIJmio品質で月額料金を安くできるエキサイトモバイルの方がオススメです。

IIJmio タイプA 計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 15.81 20 13/6 12
12時 17.99 9 12/0.7 2.5
14時 30.81   –/15  
19時 13.77 16 15/7 12
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 12 6 3.5  

IIJmioのタイプAは前回よりも速度が低下しましたが、超速い速度を維持しています。ただ、低下傾向が始まったので、最終的にはIIJmioのタイプDと同程度の通信速度に落ち着くと思います。

この速度はauのスマホを使う場合に出すことができますが、SIMフリーのスマートフォンだとIP MTU問題で通信速度が安定せず速度が大幅に低下するので気をつけてください。ZenFone 3ではIP MTU問題が発生して、通信速度が上記の10分の1くらいになってしまっていました。

IIJmioのタイプAやmineoのauプランは、auのスマホを使った方がいいです。SIMフリーだと通信が安定しないかの性が高いです。

長期契約中のIIJmioの詳細評価

DMMモバイル

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 2.59 1.8 1.5/1.5 1.6
12時 0.79 0.4 0.4/0.4 0.4
14時 24.93   –/12  
19時 1.70 1.6 1.5/1.5 1.5

DMMモバイルは前回と同様に、引き続き比較的速い速度を維持していました。

DMMモバイルはIIJmio系の格安SIMなので、長期にわたって安定した通信速度を維持しています。DMMモバイルは月1GBもデータを使いそうもない場合におすすすめの格安SIMです。3GB以上の場合は実際に使ったデータに応じて月額料金を支払うエキサイトモバイルがオススメです。

DMMモバイルの評価とネットの評判の詳細

エキサイトモバイル

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 1.88 1.5 1.5/1.5 1.5
12時 0.66 0.38 0.4/0.4 0.38
14時 26.64   –/15  
19時 1.64 1.5 1.5/1.5 1.5
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 1.5 1.5 1.5  

エキサイトモバイルも前回と同じような比較的速い通信速度を維持していました。エキサイトモバイルもIIJmioの設備を使っているIIJmio系の格安SIMです。

IIJmioはその他動画の再生時も他の利用用途と同じ速度が出ていましたが、念のためIIJmio系の代表としてエキサイトモバイルも確認してみましたが、同じように他の利用用途と同じ速度が出ていました。

エキサイトモバイルは、実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制のプランを行っています。従量制プランは、月3GB以上のデータを使う場合に月額料金を簡単に安くできるという強みが出てくるプランになります。シェアSIMなどで複数の格安SIMを使いたい場合は、さらに無駄なくデータを使うことができるのでおすすめです。

長期契約中のエキサイトモバイルの詳細評価

イオンモバイル

イオンモバイルにはタイプ1(データSIM/通話SIM)とタイプ2(データSIMのみ)があります。タイプ1はIIJmoの設備を使ったIIJmio系の格安SIMです。タイプ2は12月から始まった新しいプランで95%の確率でNTTコム系の格安SIMです。

タイプ1 計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 1.89 1.5 1.5/1.5 1.5
12時 0.72 0.4 0.4/0.4 0.4
14時 24.43   –/16  
19時 1.48 1.5 1.5/1.5 1.5

イオンモバイルのタイプ1は前回と同様に比較的速い通信速度を維持していました。イオンモバイルのタイプ1はIIJmio系なんで、実際に出る通信速度もIIJmioとほぼ同じになります。

タイプ2 計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 1.88 1.3 8/0.2 2
12時 0.23 0.4 1.5/0.1 1
14時 4.59   –/1.5  
19時 0.53 1.5 2.5/0.1 1.5
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 4 0.1 0.1  

イオンモバイルのタイプ2は前回よりも速度が低下しました。特にファイルのダウンロード速度が厳しく制限されていて、その影響でHuluやNetflixも見れない通信速度しか出ていませんでした。

ファイルのダウンロード速度の制限は、かなり厳しく、そしてかなり広範なものになっている可能性が高いです。加えて、イオンモバイルのタイプ2はパケロスを多発する格安SIMです。

イオンモバイルのタイプ2の速度低下は2,3ヶ月後ぐらいだと思っていましたが、予想よりも早く悪い形で低下してしまいました。タイプ2は無制限で240kbpsの低速を使うことができますが、パケロス率が高すぎで、ファイルのダウンロードを速度を極端に制限しているので、あまりおすすすめではありません。

イオンモバイルのタイプ1の場合、IIJmio系なので通信速度の面では特に不安になる必要はありません。ただ、オンラインでの申し込みがやたらとメンドくさい申し込み方法になっていて、560円の送料もかかるので、IIJmio系ならわざわざイオンモバイルを選ばずに、エキサイトモバイルの方がオススメです。

長期契約中のイオンモバイルの詳細評価

U-mobile

U-mobileの1GB、5GB、ダブルフィックス、USEN MUSIC SIM、LTE使い放題、LTE使い放題2の通信速度

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 12.50 3.5 10/0.9 4
12時 1.08 1 1.3/0.15 1
14時 15.78   –/7  
19時 1.61 3 18/0.6 1.5
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 3 1 1  

U-mobile PREMIUM、U-mobile SUPERは別回線を通るので、上記の通信速度は適用されません。U-mobile MAX(月25GB)はドコモ回線なのですが、どの通信速度が適用されるのかはわかりません。

PREMIUM、SUPER、MAXはプランを変更することができないので、非常に使いづらいプランになっています。

ここでは、1GB、5GB、ダブルフィックス、USEN MUSIC SIM、LTE使い放題、LTE使い放題2の速度だけ評価します。

U-mobileは前回かなり速度が改善されていましたが、今回は速度が低下しました。それでも、U-mobileは現時点では比較的速い速度になっています。ただし、U-mobileは通信速度が基本的に安定しない傾向があり、加えてプラン内容を改善する見通しがありません。

LTE使い放題、LTE使い放題2は無制限プランですが、実際に使えるデータ量には制限があります。ただし、その制限内容が非公開になっていて、さらに制限を把握しても時期によって制限が大幅に変わってきます。

1GB、5GB、ダブルフィックスもプラン内容が改善されそうになく、U-mobile Sなどのプランを増築するなどの無秩序状態です。PREMIUMやMAXも通信速度で良い評判を聞きません。

なんにしても、わざわざ選ばなくても良い格安SIMの一つになってしまっています。

長期契約中のU-mobileの詳細評価

FREETEL(FREETEL SIM)

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 16.17 3.5 8/0.7 6
12時 6.04 0.5 0.5/0.25 1.2
14時 15.50   –/3  
19時 15.47 1.5 2.5/0.5 6
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 1 0.6 0.7  

FREETELは前回よりも速度が改善されていました。これは、いつもより回線の増速幅アップしたためです。

増速幅アップして、ようやく少し遅い〜普通の中間程度の速度になりました。

ネットでは、スピードテストだけ速くするのを辞めたらしいとかいう噂が流れていましたが、回線の増速幅アップ後は引き続き計測アプリでの速度結果だけは超速い速度を維持していました。

FREETELの強みは、LINEやTwitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしで使えることですが、この場合、速度がFREETELよりマシで、同じくSNS系アプリのデータ消費なしで使えるLINEモバイルを選んだ方が良いです。

FREETELの唯一の強みは、スマホをほとんど使わない場合は最安値クラスで維持できることです。海外に長期間滞在することがよくある場合に、FREETELがオススメです。

長期契約中のFREETELの詳細評価

mineo(マイネオ)

mineo ドコモプラン 計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 6.59 5 20/0.5 4.5
12時 0.87 0.8 14/0.15 4.5
14時 22.98   –/25  
19時 4.80 8 20/1.2 7
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 8 2 6  

mineoのドコモプランは前回同様、引き続き好調な通信速度を維持しています。

mineo auプラン 計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 3.07 1.5 20/0.7 5.5
12時 0.96 0.7 1.4/0.1 2
14時 63.69   –/50  
19時 2.88 7 28/0.9 7
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 5 1.5 3  

mineoのauプランも前回と同じ程度の比較的速い速度を維持していました。

ここ最近のmineoの実際に出る通信速度は優秀ですが、アプリのダウンロード速度が異常に速くなっているのと引き換えに、ファイルのダウンロード速度が遅くなっています。

ただ、HuluやNetflixの再生でも快適に使える程度の速度が出ているので、ファイルのダウンロード速度の制限範囲はそんなに広くはなさそうです。

なんでこんなにアプリのダウンロード速度を速くなるように設定しているのか理解できませんが、とりあえずファイルのダウンロード速度の制限は今の所はそこまで厳しくないので、当面は通信速度は問題ないかと思います。

mineo(マイネオ)のキャンペーンの詳細、他社から乗り換えだと月額料金が合計4800円引き+6ヶ月1GB増量

mineoでは、他社からの乗り換えの場合で月3GB以上のデュアルタイプ(通話SIM)を申し込むと、月額料金が合計4800円引き、データ容量は半年間1GB増量になるキャンペーンを行なっています。

低速500kbpsが使い放題「パケット放題」が最大7ヶ月80円引きになるキャンペーンも行っています。2020年8月2日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

長期契約中のmineoの詳細評価

BIGLOBE SIM

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 2.53 5 0.9/0.9 8
12時 0.48 0.5 0.35/0.35 0.5/1.4
14時 23.14   –/10  
19時 5.74 4 1/1 0.75/1.2
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
15時 0.75 0.75 13  
21時 0.7 0.7 2.5  

BIGLOBE SIMは前回よりも速度が改善されました。最近、回線増強を繰り返していたので、その効果がようやく少し出たんだと思います。

前回は人に勧めるのを躊躇するレベルでしたが、今回は・・・。悪くはないんですが、微妙だなーな気分です。

というのも、BIGLOBE SIMは通信品質自体(データ通信の安定性)はとても良いのですが、いくつかの利用用途で速度制限を行なっているんです。

例えば平日の15時なんて、スマホを使っている人は少ないので、快適な速度が出ても良い時間帯なのですが、BIGLOBE SIMはこの時間帯でAmazonやHuluの再生時で通信速度が0.75Mbpsに制限されていました。

Huluはスマホだと0.7Mbpsくらい出れば良いのですが、Amazonだと1.5Mbpsくらいは欲しくなります。BIGLOBE SIMは、なぜかこういうのを制限しているんです。そして他にも制限している可能性が高いです。

そんなに悪くはない、ただし良くもない。。なんとも中途半端な評価になってしまいます。

Youtubeの項目で、0.5/1.4となっているのは、通常モードだと0.5Mbpsですが、エンタメフリーオプションに入っていると1.4Mbps出るという意味になります。

BIGLOBE SIMの平日の昼のYoutubeの再生時の通信速度は0.5Mbpsですが、エンタメフリーオプションに加入すると平日の昼でも1.4Mbp出ていました。(日によって違うと思いますが、平日の昼でもエンタメフリーなら0.7Mbpsくらいは出ていそうです)

BIGLOBE SIMを勧めるのはなんだかなーな気分になりますが、YoutubeやAmebaTVをたくさん見たい場合は、BIGLOBE SIMのエンタメフリーでYoutubeやAmebaTVが無制限になるので、BIGLOBE SIMが一番おすすめです。

加えて、最近はKDDIグループからお金をもらったのか、キャンペーンのお得度がかなり上がっています。

その他、BIGLOBE SIMに加入すれば、BIGLOBE WiMAX 2+を月額200円引きで使うことができます。

WiMAX 2+の中でBIGLOBE WiMAX 2+が一番安心して、比較的安く使うことができます。データをたくさん使いたい場合、スマホはBIGLOBE SIMで1GBプランを契約して、BIGLOBE WiMAX 2+を契約するという使い方もおすすめです。BIGLOBEにはデータをたくさん使う場合の選択肢が割と色々あるので、ヘビーユーザ向けの格安SIMです。

長期契約中のBIGLOBE SIMの詳細評価

DTI SIM

下記はDTI SIMのネットつかい放題以外の通信速度になります。ネットつかい放題プランは通常のプランよりも速度が制限されています。

ここでは、ネットつかい放題以外の通信速度を評価します。(ネットつかい放題は平日の夜になると、速度が結構低下するらしいので注意してください)

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 5.49 23 11/6 7
12時 0.73 0.6 1.5/0.15 0.7
14時 13.12   –/6.5  
19時 1.95 3.5 11/0.7 2.5
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 2.5 1.5 1.1  

DTI SIMは前回に引き続き今回も速度が改善されて、格安SIMの中でも比較的速い通信速度になっています。HuluやNetflixの通信速度も問題ありませんでした。

DTI SIMもなぜかアプリのダウンロード速度は超速く、ファイルのダウンロード速度は少し遅くなっていました。ただ、NifMoやmineoと同様に、HuluやNetflixの再生でも快適に使える程度の速度が出ているので、ファイルのダウンロード速度の制限範囲はそんなに広くはなさそうです。

以前は通信障害を良く起こしていましたが、最近では少なくなっているので、データSIMで使うぶんには結構お勧めできます。3GBのデータSIMなら通常850円の月額料金が半年間無料で使うことができるので、格安SIMをちょっと試してみたい場合にオススメです。

長期契約中のDTI SIMの詳細評価

おかわりSIM

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 9.94 1.2 0.65/1.5 0.7
12時 1.13 1 0.7/0.7 1
14時 5.18   6  
19時 0.71 0.8 0.45/0.8 0.45
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
15時 3.5 4.5  
21時 0.45 0.45  

おかわりSIMは前回速くなり、今回は遅くなってしまいました。平均な格安SIMよりも遅い速度です。

おかわりSIMは従量制のプランの格安SIMですが、おかわりSIMを検討するなら同じ料金システム(従量制)で通信速度が比較的速くて安定しているエキサイトモバイルを選ぶのがオススメです。

おかわりSIMでHuluの計測が出来ませでしたが、これは端末(ZenPad 7)が原因です。ZenPad 7だとHuluを再生できませんでした。

b-mobile(おかわりSIM+高速定額)の評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

トーンモバイル

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 0.40 1.1 1.5/1.5 1.2
12時 0.27 0.6 1.2/0.2 0.8
14時 2.22   –/0.4  
19時 0.22 0.25 0.2/0.03 0.5
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
15時 0.4 2 1  
21時 0.1 0.1 0.05  

TONEモバイルは1GB300円の高速チケットを使っている状態の通信速度です。高速チケットなしの速度は遅すぎるので計測を行なっていません。

TONEモバイルの実際に出る通信速度は最悪です。評価するのも無駄なので、これで終了です。

長期契約中のトーンモバイルの詳細評価

0SIM

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 0.36 0.35 0.3/0.12 0.35
12時 0.20 0.18 0.15/0.01 0.25
14時 0.39   –/0.3  
19時 0.10 0.3 0.35/0.14 0.35
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 0.4 0.3 0.25  

0SIMの遅さに見慣れてしまいました。案外0.3Mbpsあたりで安定しているなーと思っちゃうくらいです。

真夜中から早朝にかけては、そこそこの速度が出ると思うので、昼夜逆転してる場合に、ほんの少ーしだけ検討してみてください。

長期契約中の0SIMの詳細評価

nuroモバイル

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 -.– 4 16/0.8 4.5
12時 -.– 0.5 0.6/0.3 2.5
14時 -.–   –/1.5  
19時 -.– 0.6 3/0.45 2.5
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 3 0.5 0.5  

nuroモバイルは超厳しい3日制限があるので、計測アプリでの計測を省略することにしました。月2GBプランの場合、3日間で使えるデータ量は250MB程度です。だいたい月に使えるデータ量X0.12が3日間で使えるデータ量です。この点だけでもnuroモバイルは使わない方が良いです。

nuroモバイルは前回と比べて速度が低下して、格安SIMの中でも遅い速度になっています。アプリのダウンロード速度とYoutubeとAmazonプライムビデオの通信速度は速いですが、それ以外はかなり遅くなっています。

超厳しい3日制限の存在自体で使うべきではない格安SIMですが、ついでに速度も良くないのでさらに選ばない方が良い格安SIMになります。

契約中のnuroモバイルの詳細評価

LINEモバイル

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 21.55 14 12/16 5
12時 7.04 4 15/0.7 3.5
14時 23.17   –/30  
19時 14.00 9 16/1.8 4
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 7 5 7  

LINEモバイルは前回大幅に速度が改善されましたが、今回は再び低下を始めました。

ここ2ヶ月くらいの間に改善と低下を繰り返して、最終的にはNifMoからOCNモバイルONEあたりに速度が落ち着くとおもわれます。

LINEモバイルはSNS系アプリをデータ消費なしで使えることが強みの格安SIMですが、SNS系アプリをよく使うユーザが集まれば集まるほど、採算が悪くなり通信速度が想定よりも遅くなる可能性が高いです。SNS系アプリをあまり使わない場合はLINEモバイルには近づかない方が良いです。

契約中のLINEモバイルの詳細

ロケットモバイル

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 -.– 16 25/1.2 5
12時 -.– 0.5 0.8/0.3 2.5
14時 -.–   –/1.5  
19時 -.– 0.7 3/0.35 3
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 1 0.45 0.4  

ロケットモバイルはnuroモバイルほどではありませんが、そこそこ厳しい3日間で使えるデータ量の制限があるので、計測アプリでの計測を省略しました。

ロケットモバイルはnuroモバイル系の格安SIMなので、実際に出る通信速度も近似しています。どのくらい近似するかは、もうしばらく様子を見ないとわからないのですが、結構同じになりそうです。

前回は平均的な格安SIMよりも速い速度は維持していましたが、今回は速度がだいぶ低下して、平均的な格安SIMよりも遅い速度になってしまいました。

アプリのダウンロード速度は速いのですが、ファイルのダウンロード速度が遅く、HuluやNetflixの通信速度も遅いことからファイルのダウンロード速度の制限範囲は広範囲に及ぶ可能性が高いです。

ロケットモバイルは、4ヶ月前から計測を始めましたが、計測開始時は遅く、それから速くなってきましたが、ここにきて落下しました。どうもロケットモバイルやnuroモバイルは実際に出る通信速度は安定していないような感じです。

契約中のロケットモバイルの詳細評価

ワイモバイル

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 26.59 20 22/20 8
12時 14.58 16 23/22 10
14時 41.70   –/27  
19時 26.55 14 25/20 7
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 20 25 忘れた  

ワイモバイルは今回もUQ mobileに次いで超速い通信速度が出ていました。

ここまで超速いと、通信速度の面ではワイモバイルでもUQ mobileでも大した差はありません。郊外なんかだと、ソフトバンクの電波が強い地域、auの電波が強い地域があると思いますが、基本両方超速いです。

計測に使っているのは、ワイモバイルのデータSIMプランです。Yahooプレミアム会員なら月480円で月1GB使うことができます。Yahooプレミアム会員(月額462円)ではない場合は月980円になります。

色々な組み合わせがありますが、Enjoyパックを組み合わせることで月980円で月1.5GB使える組み合わせです。そのほかにも特典がありますが、実際には使えない特典が多いので、その他の特典は無視です。

実質的には、月980円で月1.5GBのデータ量が使えるデータSIMと考えたほうがいい感じです。

UQ mobileの場合、月980円で月3GBのデータを使うことができます。UQ mobileなら余ったデータの繰越をすることができますが、ワイモバイルだとデータは繰り越されず消滅します。

基本的には、料金の差額がないUQ mobileの3GBプランの方が良いと思いますが、すでにYahooプレミアム会員で、これからもYahooプレミアム会員でい続けようと思っている場合は、ワイモバイルのデータSIMプランも検討してみるといいかも知れません。

現在、ワイモバイル関連の記事を修正中です。その修正で、ワイモバイルにいくつか質問があって、問い合わせたのですが、対応が今までの中で最悪でした。(今までもコールセンターがらみは、ひどい目にあうのですが、ワイモバイルのコールセンターはポンコツ王でした・・。後日、その内容も含めて更新します)

ワイモバイルの評価と他の格安SIMや格安スマホとの比較と評判

BIGLOBE WiMAX 2+

  計測アプリ 画像(Web) アプリ/ファイル Youtube
8時 14.01 20 18/15 7
12時 15.50 17 13/13 7
14時 22.64   –/25  
19時 22.38 13 8/18 4
その他動画 Amazon Hulu Netflix  
21時 10 10 15  

BIGLOBE WiMAX 2+は超速い速度を維持していました。

ただ、Google系のサービス(Goole Playでのダウンロード、Youtubeの再生)で平日の夜中になると速度が少し低下する場合があるようです。低下したとしても、快適には使えるのですが、なんでしょうね?みたいな感じにはなります。

契約から10ヶ月ほど経ちますが、快適に使えているので満足です。ファミレスなんかでノートパソコンでサイトの記事を書いている時に、Youtubeの音楽を再生し続けるのに使っているので、無駄遣いな感じはありますが、とりあえずは快適です。

スマホでテザリングをして、ノートパソコンで記事を書くのもアリなんですが、スマホでテザリングすると、通信が途切れて更新に失敗することがあるんですよね・・。WiMAX 2+だとそういうことがないので安心。。

契約中のBIGLOBE WiMAX 2+の詳細評価

WiMAX 2+とポケットWiFiの比較と評価、自分に最適なプランの選び方

格安SIMと格安スマホの最新情報は格安SIMの管理人の徹底比較「格安SIMとスマホ比較」に見に来てくださいm(_ _)m