格安SIMとスマホ比較」の過去ログです。古くなった格安SIMと格安スマホの記事を保管しています。

IIJmioが新eSIMプラン「データプランゼロ」をリリース、用途はドコモ/au/ソフトバンクのギガを半額以下で追加、繋がらないRakuten UN-LIMIT対策

IIJmioが2020年3月19日から、新しいeSIMプラン「データプランゼロ」を開始します。

eSIM対応のiPhoneやiPad、Pixel4などをもっていれば、月150円の維持費用、それと毎月1GBチャージは300円、2GB以上は450円/GBでネットが使えます。

主な利用用途は、ドコモ/au/ソフトバンクが下旬にギガを使い切った場合、普通なら1GB1000円かかるところ、IIJmioのeSIMを利用することで1GB450円でネットが使えることです。

ただ、個人的にはRakuten UN-LIMITが繋がらないエリアで、IIJmioのeSIMが結構活躍するのではとか思ったりしています。

IIJmioの料金プランと評価を実際に使って徹底解説、信頼性重視のMVNO

IIJmioのeSIMプラン「データプランゼロ」の料金とサービス内容

IIJmioのeSIMプランが使える機種は限られている

とりあえずIIJmioのeSIMプランが使える機種は限られているので、まずそれを確認です。

IIJmioのeSIMプランに対応している機種:eSIM対応機種

Rakuten Mini ← 非公式ですが、おそらく対応しているはず iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro MAX iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR Google Pixel Google Pixel 4

iPad(第7世代) iPad mini(第5世代) iPad Air(第3世代) 11インチiPad Pro 12.9インチiPad Pro(第3世代) Surface Pro LTE Advanced Surface Pro X ASUS TransBook Mini T103HAF-LTE ASUS TransBook Mini T103HAF-GR079LTE

IIJmioのeSIMプラン「データプランゼロ」の料金とサービス内容

データ専用 (携帯電話番号を使った音声通話やSMSの送受信はできません)

実際にかかる料金

  • 初期費用:3000円
  • SIMカード発行手数料:200円
  • 月額料金:月150円
  • 追加データ量 1GB:300円
  • 追加データ量 2GB〜10GB:450円/GB

余ったデータの繰越なし。有効期限は当月末まで。低速通信は利用不可。ギガを使い切ったら通信不可です。

以前からあったeSIMの月6GBのライトスタートプランは、引き続き申し込みを受け付けています。ただし、ライトスタートプランとデータプランゼロの変更はできません。解約して新規契約が必要です。

用途1:ドコモ/au/ソフトバンクのギガを半額で追加

IIJmioが想定している主な用途は、ドコモ/au/ソフトバンクユーザが下旬になってギガを使い切った場合の、追加用に使ってもらうことっぽいです。

ドコモ/au/ソフトバンクユーザはギガを使い切ると、ギガを追加するのに1GB1000円かかります。

IIJmioのeSIMプランなら1GB450円!

半額!安い!

ということっぽいですが、果たして可能なんだろうか・・。

まず最初、IIJmioのeSIMプランを契約するのに初期費用3000円がかかるのは致命的すぎる。ただ、キャンペーンとかで初期費用を無料にすれば、この問題は解決する。

問題は2つ、ギガを使い切っている人が少ない可能性と、大手キャリアユーザが果たして頭を使って節約してくれるかという点

大手キャリアのギガ足りない勢の人数が少なくなっている気がする

最近の大手キャリアの料金プランは、超大容量プランか実際にギガを使った量で決まる従量制プランです。

下旬になってギガが足りなくなる人って少ないんじゃないのかな・・。

大手キャリアユーザは頭を使って節約してくれる?

少なくなったとはいえ、ギガ足りなくなるユーザはそれなりにいるかもですが、はたしてそういった大手キャリアユーザが頭を使って節約してくれるか疑問です。

しかも、IIJmioのeSIMプランが使えるのって、主にiPhone XR以上のモデルです。

ターゲット数がかなり少なそう。。

用途2:繋がらないRakuten UN-LIMIT対策

こっちならそれなりに行けるんじゃない?と思うのは、Rakuten UN-LIMITが使えない場所を、IIJmioのeSIMでカバーすることです。

楽天回線エリアって電波あまり良くないんです。

参考:楽天モバイルエリアの実体験、楽天回線エリア内なのに繋がらない理由と対処法、パートナーエリアのエリアマップの違い

場所によるかもですが、格安SIMの管理人の自宅(楽天回線エリア内)だと、楽天回線の電波が入ったり入らなかったりします。

eSIM対応のiPhoneなら物理SIMはRakuten UN-LIMIT、eSIMにIIJmioのeSIMプランを設定しておけば、楽天回線の電波が死んでいる場所でIIJmioのeSIMでネットができるんです。

大丈夫な場合は、月150円、だめな場合はIIJmioのeSIMに1GBをチャージして月450円。これでそこそこ乗り切れるんじゃないかなと思います。

ただ、Rakuten UN-LIMITはまだiPhoneには正式には対応していないことになっているので、現時点では使う人は少ないかもです。

将来的には、それなりの数で楽天モバイルでIIJmioのeSIMを使ってくれるんじゃないかなと思います。

格安SIMと格安スマホの最新情報は格安SIMの管理人の徹底比較「格安SIMとスマホ比較」に見に来てくださいm(_ _)m